はるもにあ  
手作り麹とからだが喜ぶものを食べる暮らし


手作りの発芽玄米麹、クエン酸黒麹、クエン酸黒甘酒の販売と
発酵食、葛の教室を開催いたしております。              
                   
                   
☏050-5218-1123(留守電でもお気軽にどうぞ)

HOMEブログページ ≫ “醸しや スー”の「食事で体質改善2.」 ≫

“醸しや スー”の「食事で体質改善2.」

 

体質改善その2

 

好きなものを断つこと、これは正直かなりストレスになりました。

 

私は玉子を使ったものは何でも大好きでした。
玉子焼き、オムライス、親子丼、茶わん蒸し、シフォンケーキなど、大好きでした。

 

乳製品も、子供の頃からチーズ好き。
給食にたまに出るベビーチーズが楽しみで、その後ピザの味を知ってからはもうピザの虜。
ピザを毎週食べないと気が済まないくらい好きでした。

 

これらはですね、西式甲田療法、断食、食養では食べてはいけない食べ物に該当いたします。

 

しかも、西式甲田療法では、少食にすることを推奨していますので、基本、1日2食。
朝食抜きという、今まで朝食を何の疑問も持たずに食べていた身としては、夕食から翌日の昼食まで身体は持つのだろうかという疑問がわきましたし、朝食は必ず食べましょうという一般常識のようなものがあります。

 

そのため、好きなものを食べたい欲求と体質を変えるために食べてはいけないのだという気持ちとの葛藤の日々。

 

少食にしても2食で大丈夫なのかという疑問を持ちつつ、体質改善できるのなら何でもやろうと決心。

 

家族の中で、この制約を課しているのは私だけ。私以外は、玉子、お肉、乳製品OK。
そのため辛かったです。買い物より自分が食べることができない料理を作ることの方がが苦痛で。

 

2か月もすると、朝食抜きは楽になりました。
卵料理、乳製品の誘惑にも耐え、2年も経つとそれほど食べたいと思わなくなりました。

 

そんな頃、気づけば花粉症の症状が軽くなってきているなと感じました。
アレルギーマーチとなって、ほぼ1年じゅう花粉症に悩まされてきたのに、
イネの時期、症状はほぼくしゃみだけになっていました。

 

正に、私が実験台。
☆動物性たんぱく質、動物性脂肪を摂らないようにしたこと。
☆1日2食の少食(腸を休ませる時間をつくったこと)にしたこと。

かれこれ10年、⇧の2つを実践して、体質が変わってきていることは確かです。
 

 

 

 

 

 

2019年02月11日 14:03

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2019年11月09日 21:20
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2019年11月09日 21:21
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年01月01日 00:43
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年01月01日 00:43

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
アクセスカウンター

ブログカテゴリ

モバイルサイト

harumonia-lohas.comスマホサイトQRコード

harumonia-lohas.comモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!